読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュ障のお気楽日記

口ベタなボクの日記と書評、そして節約報告と投資学習・実践記

遂に海外投資スタートです。まずはFXから!

遂に海外投資スタートです。まずはFXから!

 今晩は、遂に海外投資を進めていきます。

 

なぜ海外投資

 まず海外投資ですが、今はFXを用いた外貨投資から始めます。

 テレビ番組で拝見させて頂いたのですが、建築家の安藤忠雄さんが世界を地球儀で考えると日本は不景気でも世界のどこかでは好景気(建築家の仕事はいつもある、、、と続いていました。)という言葉と金投資で有名な豊島逸郎夫さんが、日本株国債(恐らく日本国債)のみの投資はルーレットでとても難しい1つの数字に賭けているようなものだ。(外貨や金にも少し投資しよう、、、、。と続いていました。)という話題を耳にしました。その時から世界へ投資するという事にかなり関心がありました。

 

なぜ今か?

 海外投資といってもハードルは高かったです。外国株式の個別株なんかはここ最近のネット証券のおかげでずいぶん身近になったと思います。しかし、ほんの数年前まではそうではなかったです。

 私自身も無理だろうと思っており、せいぜいネット銀行の外貨投資(しかも数十から数百通貨単位)でした。

 しかしここ最近ずいぶん身近になって来ており、私でも少しづつチャレンジ可能になって来ています。

 ネット証券さんがここまで頑張っているので、ぜひこのインフラに乗りたいと考えチャレンジします。

 今は外貨に対する経験を積むことも目的にしております。

続きを読む

日本一の大投資家.....を読みました。

日本一の大投資家から学んだ事....を読んで

 お疲れ様です。本1冊読了です。

 読んだ本は、『日本一の大投資家から教わった 人生でもっとも大切なこと』本田晃一著です。出版年は少し前です。本の事は知っていたのですが、当時忙しくタイミングが合わなかったです。最近たまたま読む機会を得て、読まさせて頂きました。

 皆さん、竹田和平さんってご存じですか?私は、がっちりマンデーというテレビ番組で知りました。(大昔です。)現在は、大往生されています。存在感があり、機会があるたびに和平さんに関するメディアを見たり読まさせてもらいました。

日本一の大投資家とは、この竹田和平さんの事です。竹田製菓という方がわかるかな?

 

 

 

続きを読む

日々一歩一歩です。

お疲れ様です。

 転職して早1ヶ月、少しづつ職場に慣れてきました。

 デスクワーク少しづつ覚えてきており、日々一歩一歩づつ前進している実感を感じています。

 慣れた頃が危ないと言われますが、ちょっとしたミスはありますが大きなミスもなく順調です。

 

 今の職場は、女性が多いです。学生時代非モテで男社会でサバイブして来た私にはやはり緊張の連続です。特に朝のエレベーター、満員です。勘違いされたらどうしようと勝手に警戒しています。

 キラキラ女子に話しかけられたら、嬉しいというより怖いと思っていた高校生時代をいまだに引きずっています。

 

 でも少しづつ挨拶以外も一言二言話せるようになって来ているので、もう少し緊張が解けてきたら職場に馴染んでいきたいです。

 

帰宅後FP3級の学習です。本日で、第4章タックスプランニング終わりました。

第4章 タックスプランニング終わりました。

 今晩は帰宅後に夕飯をすませ、FPの学習です。第4章のタックスプランニング終わりました。

 先週はプライベートなど少し忙しく、なかなか学習がはかどらなかったのです。ようやく第4章が終わりました。確定申告に関わってくるだろうと思いじっくりやり始めましたが、途中から二週目を意識しとりあえず進める方にシフトしました。

 

各論点

  1.  所得税のしくみ。損益通算や源泉徴収制度等
  2.  各所得の説明 一時所得や給与所得等
  3.  控除について 所得控除と税額控除 また、具体的な各控除について

 

続きを読む

遂にクレジットカードを作りました。淡い色の楽天カードです!!

淡い色の楽天カードを取得しました。

到着した封筒です。

f:id:tryanderrorplaythefuture:20170415225524j:plain

 月曜日に申込みをして、翌日に可決連絡。そしてついに到着です。

取得したのは楽天ゴールドカードです。

f:id:tryanderrorplaythefuture:20170415230630j:plain

  色は淡いゴールドです。色が淡く少しピンクがかった感じです。私は必要以上にピカピカしたゴールドカードと比べ品がいいと感じました。普段のショッピングでも店員さんに渡しやすそうです。とても好感が持てました。

 

続きを読む